ブログ

aidea 電動3輪バイクを物流事業者に提案 日本郵便、DHLジャパンも導入

2021年9月15日

電動3輪バイク「AAカーゴ」シリーズを手掛けるaidea(東京都港区)。50cc以下の原付一種の「同α」、125cc以下の原付二種の「同β」を、それぞれバッテリー容量が異なる2種類ずつ、計4車種で展開。左右独立懸架リアサスペンションで13インチ大径ホイールを採用し、大型スクリーンとルーフを備え、安定した走行に寄与している。積載量は「同α」は30kg、「同β」は60kg。

成田裕一郎マーケティングディレクターは、「タイヤサイズが大きく、段差を乗り越えやすい。振動が少ないため、快適に走行が可能」と説明。「デザインはイタリアのデザイナーによるもので、伝統とモダンが融合している」とし、「設計・製造は国内工場で手がけており、メンテナンスや修理なども速やかに対応できる」という。

充電方法は100V、200V、4輪車用のコンセントに対応。「バッテリーは重量があるため、『持ち運ぶのもひと苦労』との声を反映し、あえて脱着式にしていない」と明かす。「コンセントは家庭用でも問題ないが、専用の設備を推奨している。電気工事業者に依頼すれば簡単に取り付けられる」。

また、「駐輪中に充電できるため、燃料をわざわざ入れに行く手間と時間が削減できる。メンテナンスも、ガソリン車より圧倒的に低コストで済み、維持費用を抑えられる」と胸を張る同氏。「走行コストは1km1円で、ガソリンの半分以下」と付け加える。

同社は、イタリアのオートバイメーカーを前身とするが「EV車の時代が来る」と睨み、電動バイク専門メーカーとして2019年に立ち上げた。「航続距離が短く、ガソリンスタンドと比べ充電ポイントは数が少ないことが弱点と言われがちだが、走行ルートが決まっている配送用であればデメリットにはならない」と力説する。

日本郵便はこのほど、「同β8」を正式に導入。「都内2か所で約2か月間の検証を行い、走行安定性と利便性が評価された。ECが台頭し宅配が増加する中、『軽自動車では荷室に空きスペースが出るが原付では足りない』というニーズに応えられる」と分析する。

成田氏は「まずはレンタルプランからお試しいただければ」と呼びかけている。

DHLジャパンも導入

DHLジャパン(東京都品川区)は1日、「AAカーゴα4」10台を購入したと発表。同社では、「越境Eコマースの普及で増加しているラストマイルデリバリーや、ビジネス街での集配の機動力を高めるため、主に東京・大阪の都市部での配送で使用する」と説明。四輪バンでは入りづらい細い路地や駐車が困難な地区で、バイクならではのコンパクトさを活かした機動性で、配送スピードの向上を目指していくという。

同社のトニー・カーン社長は、「さらなるカスタマーエクスペリエンスの向上と、地球環境の負荷削減を両立するために、今後も躊躇せず車両のグリーン化を加速していく」とコメント。aideaでは、「国際エクスプレス業界で、電動バイクの本格導入は初めての試み」としている。

◎関連リンク→ aidea株式会社

引用:物流産業新聞社

2021.9.1(水)

[プレスリリース] DHLジャパンが業界初の電動バイク本格導入により、 ラストマイルデリバリーにおける配送スピードを向上

車両の「小型化」により貨物の小口化・多頻度化に対応。
さらなる環境負荷の削減も。

aidea 株式会社(東京都港区、代表取締役社長 池田 元英)は、国際エクスプレスのリーディングカンパニー、DHLジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長 トニー カーン)と、電動3輪バイク「AAカーゴ α4」の売買契約を締結。2021年8月31日に、東京都江東区のDHL東京ディストリビューションセンターに、10台を納入しました。国際エクスプレスの業界において、電動バイクの本格導入は初めての試みとなります。
[目的1:配送スピードの向上]

昨今の越境Eコマースの普及で増加しているラストマイルデリバリーや、ビジネス街における機動力を高めるために、従来使用していた四輪バンに加えて「AA カーゴ」が導入されました。「AA カーゴ」は、主に東京都・大阪府の都市部で展開されます。四輪バンでは入りづらい細い路地や駐車が困難な地区において、バイクならではのコンパクトさを活かした機動性により、配送スピードの向上を目指しています。

[ 目的2:環境負荷の削減 ]

ドイツポスト DHLグループは、2021年3月に、「科学的根拠に基づく目標」としてパリ協定に沿って、温室効果ガスの排出量を削減する脱炭素化に向けたロードマップを発表しています。この目的のために、グループは2030年までに80,000台の e-vehicle をラストワンマイル配送に導入し、集配車両の60%を電動化するなど、クライメイトニュートラルなロジスティクスに70億ユーロを投資し、ロジスティクス企業としての責任を果たす方針を打ち出しています。 今回「AA カーゴ」の導入においては、配送車両の「電動化」だけでなく「小型化」も推進することで、さらにエネルギー消費を抑え、環境負荷を削減することが期待されています。

■DHLの概要

DHL-世界のロジスティクス企業
DHLは、世界のロジスティクス産業をリードするグローバルブランドです。グループ各部門が提供するサービスは他の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの商品配送、フルフィルメントサービス、国際エクスプレス、陸上・航空・海上輸送、産業別サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で40万人の従業員が、人々とビジネスを確実に繋ぎ、グローバルでサステナブルな貿易の実現を可能にしています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エンジニアリング、エネルギー、自動車、そして小売りなど多くの成長産業や市場向けにソリューションを提供し、「世界のロジスティクス企業」として位置付けられています。
DHL は、ドイツポストDHLグループです。グループ全体の2020年の売上高は660億ユーロ超に達します。社会と環境にとってサステナブルなビジネスの実現とその約束を通じて、世界に貢献をしていきます。ドイツポストDHLグループは、2050年までにロジスティクスにおけるゼロ・エミッションの達成を掲げています。

■DHL ジャパン株式会社 代表取締役社長 トニー カーン様のコメント

「タイムクリティカルな重要書類やビジネス小包などをいち早くお客様にお届けし、お客様の国際ビジネスを円滑にサポートするのが当社の重要な使命です。国際エクスプレス企業として、いち早くaideaの電動3輪バイクを本格導入したことで、都市部での機動性を更に向上させ、同時に環境負荷の削減にも貢献します。更なるカスタマーエクスペリエンスの向上と、地球環境の負荷削減の両立のために、DHLジャパンでは、今後も躊躇せず車両のグリーン化を加速していきます。」

■AA カーゴについて

「AA カーゴ」は、脱炭素社会へ向けた世界的な取り組みであるEVシフトの一助となるべく開発された電動 3輪バイクです。荷物の運搬に最適化した車体構造により、コロナ禍における食品宅配の急増や、小口配送におけるラストワンマイル問題にも対応します。大容量バッテリーを搭載することで長距離走行が可能な事はもちろん、非常時の電源ともなる「走る蓄電池」としての活用も期待されています。

AAカーゴ α4「DHL」仕様
[ 強み1:スペース効率 ]

四輪車と比較して圧倒的にコンパクトなサイズ。駐車場不足、狭あい道路、渋滞など、都市部の交通課題を解消することができます。一人の人間と少量の荷物の移動に最適な、高効率なモビリティです。

[ 強み2:エネルギー効率 ]

小型、軽量であるがゆえにエネルギー消費も少ない電動バイクは、環境負荷の削減に役立つモビリティです。

引用: aidea株式会社

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。